2010年06月18日

消費税「自民案の10%を一つの参考に」−菅首相、民主マニフェスト発表会で(医療介護CBニュース)

 菅直人首相は6月17日、東京都内で開かれた民主党の参院選マニフェスト(政権公約)の発表記者会見で、消費税の取り扱いについて「今年度内にあるべき税率や逆進性対策を含む改革案の取りまとめを目指す」との方針を示した上で、「当面の税率は自民党が提案している10%を一つの参考にする」と述べた。

 同党は参院選マニフェストで、菅政権が打ち出した「強い経済」「強い財政」「強い社会保障」のスローガンを前面に押し出し、財政健全化に向けて「消費税を含む税制の抜本改革に関する協議を超党派で開始する」と明記している。菅首相は、超党派の協議が困難な場合は「民主党が中心になり、改革案を取りまとめる」との考えを示した。ただ、消費税率の引き上げ時期については言及を避けた。 
 菅首相はまた、社会保障と経済の関係について「従来、社会保障は『負担』という言葉で、どちらかと言えば経済成長の足を引っ張るものだとみなされてきた」と指摘。「この見方を根本から変えなければ、日本の再生はない」と述べ、マニフェストで掲げた経済・財政・社会保障を一体で改革する方針や、医療・介護などの社会保障分野を成長領域と位置付ける考え方などに理解を求めた。


【関連記事】
消費税率は「当面10%」―自民党が参院選公約を発表
介護職員や看護師の職場環境整備など盛り込む−社民党、政権公約
「強い社会保障」意識し、医療・介護も成長分野に−民主、参院選マニフェストを決定
診療報酬に「明確な方向性」―民主マニフェスト
「新代表には成長戦略と財政健全化をセットで」−民主「国家財政」議連・玄葉氏

タイムシェアで戸建て有効活用 軽井沢に別荘所有!軽い負担(産経新聞)
大島元会長を任意同行 親族会社に資産流出の疑い 警視庁(産経新聞)
華やかにトニー賞発表へ ノミネート俳優に有名ハリウッドスター(産経新聞)
亀井氏「踏みつけられてもバカにされても…」 民主と選挙協力(産経新聞)
日本振興銀行 警視庁、銀行法違反容疑で本格捜査へ(毎日新聞)
posted by ユサ タケル at 17:50| Comment(22) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。